〜本記事のおすすめ読者〜

  • ゆったりまったりな休日を過ごしたい方
  • 最近の流行りを知りたい方
  • 温泉が好きな方

 

「仕事で疲れたからリラックスしたい…」

「理想の休日の過ごし方って何だろう?」

 

世知辛い現代を生き抜く社畜芸人の平日は大変ですよね。

私も平日は息を止めるようにして過ごしています。。😱

 

ビジネスでもプライベートでも欠かせないのが気分転換。

身体的にも、メンタル的にも息抜きは欠かせませんよね。

 

これは私の体験談ですが、前職が予備校に勤めてたこともあり

休みが不定期で、友達と予定が合わないこともしばしばで

 

「どうやって休日を過ごそう…」って思うことも多々ありました。

結局、家で仕事をすることも。(苦笑)

 

 

QOLを上げるには仕事と余暇のクオリティを上げるのが一番。

そのためには何がおすすめなのか・・・

 

 

 

 

…が、気になる人だけ読んでくださいね!(笑)

 

 

 

 

社会現象。ランステ銭湯とは?

 

「ランステ」って聞いたことはあるでしょうか。

もしかしたらスポーツ好きな人は聞いたことがあるかもしれませんね。

 

これは「ランニングステーション」の略で、ランニングのために荷物を預けたり

汗を流したりすることのできる施設を指します。

 

シャワーを浴びたり、シューズやタオルのレンタルも可能。

女性用のパウダールームもあるみたいです。

 

ロッカー・シャワー利用+ウェア・シューズ・タオルレンタルで

500円ポッキリのところもあるようで、ミニマリストには特におすすめですね。

 

例えば皇居の周りには皇居ランのためのランステが数多くあります。

 

 

Run Pit。

 

それはauがつくる、皇居ラン二ング直結のランナーズスペース。

多くの皇居ランナーからスタート地点に選ばれる、竹橋駅に直結。

快適なランニングのための最新の設備が充実し、思い立ったらすぐに走り出せる皇居ラン二ングの新たな拠点。

さらに、ケータイがランニングデータを管理。

これまでのランニングをより効果的なトレーニングに、仲間と楽しむエンタテイメントに変えていく。

さあ、あたらしいラン体験をたのしもう。あたらしい毎日をはじめよう。

 

ACCESS
電車をご利用の場合
東京メトロ東西線「竹橋」駅 直結
東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線「神保町」駅 徒歩5分

車をご利用の場合
首都高速の出入り口(一ツ橋、北の丸、代官町、神田橋)からアクセスが容易です

 

ADDRESS
東京都千代田区一ツ橋 1-1-1 パレスサイドビル1F
(ビル東側、「平川門」交差点側)

 

OPEN
平 日 AM7:00〜PM22:00
土日祝 AM8:00〜PM18:00
定休日なし(年末年始除く)
※パレスサイドビルの定休日でも営業
※最終入店時間は閉店1時間前

INFORMATION
TEL 03-3286-8921
TEL 050-3053-5544

 

出展:Run Pit

 

結構おしゃれで、個人滴にインスタ映えしそうなとこかなと思います。

カップルで来てもいいかも?

 

 

・・・そんな施設がある一方、脚光を浴びているのがいわゆる「銭湯ランステ」。

 

銭湯をランニングステーションとして活用しちゃおう!ってやつです

 

実際「銭湯ランナー歓迎、荷物の一時預かり可能です。」

と謳っている銭湯も数多くあり、広くオープンしています。

(私も会社の上司から教えてもらいました)

※参考:東京銭湯マップ

 

私も一回、やってみましたが走った後の風呂って最高ですね

そのあとのビールがあれば…言うことありません。

 

もはや昇天します。

 

まさにこんな感じですね.

 

ランステ銭湯 利用の流れ

 

 

「実際に利用する時はどんな感じなんだろう?」

 

そうお思いのあなた。

靴箱に靴を預けて番頭の人に事前にこんな感じで、

話しかけるとよいのではないでしょうか。

 

 

ぼく「おばちゃんこんちは〜」

おば「おや今日も走って来るのかい?」

ぼく「そうそう〜最近太っちゃったからさぁ〜」

おば「あんたまだ若いんだからしっかりしなさいよ〜」

ぼく「はい、お金ね。」

おば「ありがとね〜。貴重品気をつけるんだよ」

ぼく「は〜い」

※荷物をロッカーに置いて着替え、スマホと小銭を身につける

ぼく「んじゃ行ってきま〜す」

おば「行ってらっしゃ〜い」

 

 

・・・こんなにフレンドリーなおばちゃんは珍しいかもしれませんが(笑)、

結論として、特別なことは不要です。

ささっと着替えて、ささっと走りに行ってもらって全然構いません。

 

走り終わり、程よく疲れたら早速ひとっ風呂。

いやー、たまりませんね。

 

 

サルステ銭湯=至福のひと時

 

 

フットサルステーション、略してサルステ

つまり、ランステのフットサルバージョンです。

 

フットサルをした後、フットサルを楽しんだみんなで、大浴場に浸かる。

気分は学生時代にタイムスリップ。

 

一回やったことありますが、

気の置けない仲間でやると、めっちゃ楽しいですよ。

 

団体スポーツであるフットサルの強みかなと思います。

(もちろんマナーには気をつけてくださいね)

 

風呂から上がってビールで乾杯もよし。

漫画を読んでゴロゴロするのもよし。

さらにリラックスしてマッサージしてもらうのもよし。

 

ゆったりまったりとした時間。人生の本質ですね。(言い過ぎ?)

 

サルステっていう名称、広まればいいなぁ…

 

続き↓

カテゴリー: ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です